バイオディーゼル処理用超音波乳化装置

December 19, 2022
最新の会社ニュース バイオディーゼル処理用超音波乳化装置

超音波乳化は、2つ以上の不混和性液体が超音波エネルギーの作用の下で一緒に混合され、液体の1つが他の液体に均一に分散されてエマルジョン液体を形成するプロセスです。超音波乳化は、液体処理における超音波技術の応用です。従来の乳化方法に比べ、乳化剤を必要としないことが最大の特徴です。

バイオディーゼルは、植物または動物由来のディーゼル燃料の一種で、長鎖脂肪酸エステルで構成されています。通常、動物性脂肪(獣脂)、大豆油、その他の植物油などの脂質をアルコールと化学反応させて、メチル、エチル、またはプロピルエステルを作ることによって作られます.
従来のバイオディーゼル製造装置はバッチでしか処理できないため、生産効率が非常に低くなります。多くの乳化剤の添加により、バイオディーゼルの収量と品質は比較的低くなります。超音波バイオディーゼル乳化装置は、連続オンライン処理を実現でき、生産効率を200〜400倍に高めることができます。同時に、超高出力の超音波により、乳化剤の使用を減らすことができます。この方法で生産されたバイオディーゼルの油収率は 95 ~ 99% にもなります。オイルの品質も大幅に向上。

最新の会社ニュース バイオディーゼル処理用超音波乳化装置  0

 

バイオディーゼルの調製手順:
1. 植物油または動物性脂肪をメタノールまたは Z アルコールおよびナトリウムメトキシドまたは水酸化ナトリウムと混合します。
2.混合液を電熱で45~65℃に加熱する。
3.加熱された混合液の超音波処理。
4. グリセリンを遠心分離機で分離し、バイオディーゼルを得る。