• Poludaイゴール
    RPS-SONICは非常に専門であり、販売工業は非常に忍耐強い。私は私のエア フィルターが完全な切断計画をここに持っていることを考える。
  • マイク
    超音波処理はすばらしく、私達の会社の仕上げの質を非常に改善する
  • Nguyễn Công
    機械は良い業績の5yearsのために、まだ、中国製である今良質、RPS-SONICである良質働いた。
コンタクトパーソン : Yvonne
電話番号 : 86-15658151051
WhatsApp : +8615658151051

カーボンNanotubesのための超音波スプレー ノズルを粉砕する50Khz 100w

起源の場所 中国
ブランド名 Rps-sonic
証明 CE
モデル番号 RPS-AT50
最小注文数量 1pcs
価格 negotiable
パッケージの詳細 カートン
受渡し時間 1DAYS
支払条件 T/T
供給の能力 200PCS/MONTH
商品の詳細
頻度 50Khz 10~100w
流動度 <20ml/min 発電機 2000E/2000C
解決の利用 98% 重量 10kg
ハイライト

カーボンNanotubesの超音波スプレー ノズル

,

粉砕の超音波スプレー ノズル

,

超音波スプレー ノズル50Khz

メッセージ
製品の説明

50Khz 100wのデジタル発電機が付いているカーボンNanotubesのための超音波粉砕のスプレー ノズル

50khz 30wattの霧化装置の使いやすい超音波吹き付け塗装

 

Paramater

 

項目 変数
頻度 50Khz
10~100w
流動度(ml/min) 0~20ml/min
スプレーの幅 2~200mm
解決の利用 98%の上

超音波スプレー ノズル

名前が意味すると同時に、超音波ノズルは高周波音の波を、人間のヒアリングの範囲を越えてそれら用いる。ディスク型の陶磁器の圧電気のトランスデューサー

力学的エネルギーへの改宗者の電気エネルギー。トランスデューサーは改宗者および発電機から高周波信号の形で電気入力を受け取る

同じ周波数の力学的エネルギー。

液体は小さいポンプの使用を用いる粉砕の調査に導入されるか、または重力供給方式である場合もある。粉砕するべき液体のために粉砕の表面の振動の広さは注意深く制御されなければならない。いわゆる重大な広さの下で、エネルギーはある

粉砕された低下を作り出すこと不十分。広さが極端に高ければ、液体は文字通り離れて裂け、液体の大きい「固まり」は、知られている条件として出る

キャビテーション。入力パワーの狭帯域の中ではだけノズルの独特の罰金、低速度の霧を作り出すために理想的な広さはある。

入力エネルギーの良い制御は超音波粉砕のノズルを区別するものが溶接工、乳化剤および超音波洗剤のような他の超音波装置とである;これらの他の装置はたくさんのワットにたくさんの等級の入力パワーのキャビテーションに頼る。超音波霧化のために、パワー レベルは15ワット以下一般にある。電源の出力レベルを調節することは力を制御する。

霧化のメカニズムがに導入される液体にだけ頼るので

粉砕の表面は表面に提供される率によって、液体が粉砕される率もっぱら決まる。従って、あらゆる超音波ノズルに本来広い流動度の範囲がある。

 

超音波霧化
現象は超音波霧化にいたるところにある主ケルビンの仕事の19世紀後半の音響の物理学で根があるので、特に参照した。

簡単に言うと液体のフィルムがそのような振動の動きに振動の方向によってが表面に垂直であるそれ置かれる滑らかな表面に置かれるとき、液体は定在波に変形する振動エネルギーの一部を吸収する。毛管波として知られているこれらの波は両方の方向で伸びる規則的に交互になる頂上およびたらいが付いている表面の液体の長方形の格子図形を形作る。

根本的な振動の広さが増加する時、相応じて波の増加の広さ;すなわち、より深い頂上はより高く、たらいになる。重大な広さは最終的に毛管波の高さはそれを超過するかどれがで安定性を維持するように要求するように達される。結果は波が倒れ、液体の小さい低下が粉砕の表面に正常な退化の波の上から出ることである。助けが私達の毎日の経験からこのプロセスを視覚化するために来る有用な類似。それらが海岸に近づくように開放水域に安定性からの不安定への転移によって行くために海岸に入って来る海洋波。不安定はとして明白波形泡立ったブレーカをである。

このタイプの波の不安定の理由は海岸に近づくのでこと、波の接触の底海底、摩擦力によって減速する。波の上は、一方では、妨げられていない前方に動かし続ける。最終結果は波が倒れることである。分割のこのプロセスでは、小さい低下のスプレーは波の表面から出る。毛管および海洋波からのスプレーの作成を支配するメカニズムが異なるが、結果は類似している。

50Khz 100wのカーボンNanotubes 0のための超音波粉砕のスプレー ノズル